欢迎您: 游客  请先 登录注册 [找回密码] |搜索
经济菜园 论坛 ∵∴失物招领处∴∵ 【LC外传剧透楼】抱歉43话让我跳了OTL 外传44话,菲鲁萨 ...
楼主: 泪与笑
go

【LC外传剧透楼】抱歉43话让我跳了OTL 外传44话,菲鲁萨大哥,你……果然玩脱了啊,

Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7

发表于 2012-3-28 01:14 |显示全部帖子

本周详细剧透先出了

 

カラーのエルシドさんが滅茶苦茶格好いい、と興奮気味のやや詳細バレです。

「フフ…久しぶりだなエルシド5年ぶりとなるか」と笑う黒き戦慄さんからスタート。
あのフェルサーなのか、けっして争いを好まぬお前が何故ここに、と呆然とした表情で問うエルシド。
だがフェルサーは昔の話だ、と一蹴する。「…今の俺は…鮮血により闘技場を黒き戦慄で覆いつくすカタラニアの覇王よ!!!」

お前が来たのは任務だろうが、この大会を盛り上げる一役を買って貰う、と黒い小宇宙を立ち上らせるフェルサー。
観客に向けて右手を突き出すと、楽しもうぞ、夢が始まる、武人たちの血と熱によって諸君の興奮をこの会場に解き放つのだ、と気炎を上げる。
途端に何かに憑かれたように興奮しだす観客たち(ラカーユ含む)。と、その異様な熱気をフェルサーの黒鎧が大口を開けて食らいだす。
エルシドはその異様な光景に俺の仕留めるべき相手はお前なのか、と歯噛みする。
熱気を食われ平静に戻った観客たちを残し、立ち去ってゆくフェルサー。「熱気は力となり夢を実現する糧になる…そういうことだ」

なおもフェルサーを呼び止めようとするエルシドに、後ろから声がかかる。「オイオイ!そろそろこっちにも気ィ向けてくれよ!」
「トーナメント一回戦のお前の相手は俺なんだからヨォ!」 振り向いたエルシドが見たのは彼に剣を突きつける仮面の道化。
気配のないそれを人形と見抜くものの、後ろの男が糸もなく自在に操っていることに驚くエルシド。そんな彼を尻目に道化人形は饒舌に喋りだす。
「テメェもしかして聖闘士って奴だろ キキッまさか本当にいたなんてな!! テメェのことはたっぷり分析させて貰ったぜ」
「俺は今世紀最大の科学者 この人形は俺の最高傑作電気仕掛けのパルマーだ!!」
第一回戦開始だぜ、と高速で剣を振り回す道化人形。だがエルシドは一瞬で人形を切り刻む。「…聖闘士の力常識で測らぬ方がよいぞ」

だが人形遣いの男も笑みを消さない。「いえいえ極めて常識的に考えなければ フヒヒヒ」
その瞬間両断された道化人形から一本の鋼線がエルシドの首に突き刺さる。思わずよろけるエルシド。
「今 貴方の中枢神経に直接電極をつないだ 古代ギリシャの文献では貴方がた聖闘士の闘技は小宇宙というものを利用しているという」
小宇宙とは研ぎ澄まされた感覚の更に先の感覚、電極を神経に届かせ感覚を封じれば小宇宙は使えない、と起き上がり剣を構える道化人形の上半身。
「テメェの手刀はナマクラ同然…俺の科学の前に敵はいねェーっ!!!」 道化人形が勝ち誇りエルシドに切りかかる。
だが斬ったように見えたのは残像。エルシドは一瞬で男の背後に回っていた。リモコンのようなものを握っていた左手を制し、勝負あったな、と宣言する。

だがまだ男は降参しようとはしない。「うう…小宇宙を封じられた土壇場でこれだけ動くなんて…さすが聖闘士 闘技大会に来てみるものだ!!」
マスクをとった下の素顔はフランケンシュタインのような容貌。「墓場の死体以上の材料が転がっているものだなァ!!」
小宇宙のないお前にこれは防げまい、とマントの下から蜘蛛のように多数の義手と武器を繰り出す男。だがエルシドはこれも手刀で迎撃し切り刻む。
「確かに小宇宙を燃やせば切れ味はあがる だがこの拳それだけでは鍛えあげられん!」 手を傷だらけにしつつも男を倒すエルシド。
「第一回戦突破!」 それを見て不敵に笑うフェルサーさんで次号へ続く!「フフ…」


少年漫画のお約束、トンデモ科学者に大爆笑。古代ギリシャの文献、てアンタ。
そしてこの分だとフェルサーさんラスボスで峰さん付添いのデジェル外伝パターンかな?

 

转载简要翻译:

原帖地址:http://tieba.baidu.com/p/1478440821
授权书在6L

简要

艾尔熙德和斐鲁萨对话,两人五年未见,艾尔熙德惊讶原本不喜斗争的斐鲁萨为何变化如此之大。而斐鲁萨称自己已是用鲜血将黑色的颤栗覆盖在竞技场上的霸王。而更奇异的是,他的黑色装甲竟然可以像张开口一样吸取观众们的兴奋产生的“热气”。
但艾尔熙德第一站的对手并非斐鲁萨而是那个戴面具的人,他自称本世纪最伟大的科学家,并通过研究古代希腊文献而对圣斗士和小宇宙有所了解,他用计策将一根通电的钢线插入艾尔熙德脖子上的中枢神经封锁了艾尔熙德的小宇宙。但即使无法燃烧小宇宙,艾尔熙德仍然用千锤百炼的手刀打败了对手。

待续


 

“连双子座都没有打过我!”=皿=+++
(李阿宝同学对不起……

Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7

发表于 2012-4-4 00:03 |显示全部帖子

转自A4S,来源2ch

 

やや詳細バレ

一回戦を勝利したエルシドと闘技場の入り口ですれ違うフェルサー。再び峰の前で相まみえよう、眩い夢は続く、と言葉を残し場内に歩を進める。
白コート男との第二試合。殺っちまえ、と凶暴に熱狂する観客たちの熱気を再び黒い鎧が喰らう。
その様子を横目に見つつラカーユはエルシドに声をかける。あの人とも知り合いなんスか、との問いに俺の兄弟子だった男だ、と答えるエルシド。

試合は巨大な黒い剣を振るうフェルサーが一方的に白コート男をなぶる展開に。それを見ながらエルシドの昔語りは続く。
かつてエルシドと峰が兄と慕っていた男。本物の強さと争いを好まぬ優しさを持つ彼は仁智勇を兼ね備えた真の聖闘士になるべき男だったのだと。
だがある時、山奥で隠れ住んでいた彼らを山火事が襲った。聖闘士候補生のエルシドも足をくじいた峰を連れ身動きが取れず火に巻かれてしまう。。
そんな二人を身を挺して火から守ったのがフェルサーだった。猛火の中、狐の子まで助けて連れてきていた優しい男。
自身も酷い火傷を負いながら手刀を振るい続けて燃え盛る木々を薙ぎ倒し、三人と一匹のいる場所を最後まで火から守り切ったのだ。

それと引き換えに両拳に再起不能なほどの熱傷を負ってしまった彼だったが、それでもかまわない、とさばさばした態度で笑う。
「お前も峰もハッキリとした進みたい道 夢がある それが俺にはたまらなく眩しい いくら強い拳があっても 俺にゃそれがない だからせめて」
晴れやかな笑顔で笑うフェルサー。「お前たちのそれを守れたことが俺に嬉しい!」そして夜明けの光を見つつああいう朱色になるんだよ、と呟く。
「夢に燃えて道を見る目は朝日のように輝く 俺はそれが好きだ…だから 叶えて欲しいと思ってるんだ お前たち2人には」
悔いのない笑顔でエルシドに語り欠けるフェルサー。だが彼はそれから間もなくして二人の前から姿を消したのだった。

闘技場では血まみれで倒れ伏す白コート男を見下ろしフェルサーが勝ち名乗りを受けていた。
無惨な倒し方に優しかったなんてとても信じられない、と漏らすラカーユ。あんな奴と戦ってまで遂行しなきゃならない任務って、と問いかける。
「『夢』を討つことだ」と答えるエルシド。彼はある男の指示である神々の調査をしているのだと言う。
「その神々が古代力をふるい滅ぼした町があったのがここなのだ そこに突如陽炎のように出現した町 恐らくここはその神々に関わる場所…」
何かに憑かれたように熱狂しフェルサーの名を連呼する観客たちの姿。「夢の神のな」

(そして先日シジフォスの調査で夢神の一人の封印が何者かに破られたことが分かった)
決勝戦、対峙するエルシドとフェルサーで次号へ続く!(お前なのだなフェルサー!! 夢神の力を利用しようとする者は…)


今週フェルサーさんは馬から降りていません。しかし大方の予想通り夢神プロデュースでしたか。一人ってことはオネイロスだけかな?
かつて自身は強い夢がなく他人の夢に憧れを抱いていたフェルサーが、だからこそ誰よりも強く夢に執着しているのはなんとなく分かる気もする。

 

 

“连双子座都没有打过我!”=皿=+++
(李阿宝同学对不起……

Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7

发表于 2012-4-4 00:04 |显示全部帖子

英语翻译

 

El Cid, who won the first round, leaves the arena and Felser crosses near the exit.
Felser: We will fight once again against mine. This glittering dream will continue.
Felser left the hall and went into the arena. The second fight will take place between him and the man in white.

"Kill him!" shouts an audience plagued by intense excitement, which is again devoured by the black armor. El Cid observes this from a corner of my eye when a voice calls out.
Lacaille: This man is also someone you know?
El Cid: It was my eldest son as a disciple.

Felser out a huge black sword and dominated his opponent, having fun with him. El Cid talks about his past while watching the scene.
Previously, El Cid and admired Mine Felser, who was like a brother to them. He had a real strength, but also very kind, having no taste for combat. This man endowed with wisdom, courage and great moral with everything necessary to become a Saint exemplary. But one day, the disciples, who lived in a remote place in the mountains, were caught in a volcanic eruption. Mine had sprained her ankle, and El Cid helped him to walk, but soon the two were caught by the flames. Felser and then protected from the flames with his body. At the heart of this intense fire, this man so good at thinking even protect a fox. Despite the severe burns he had received, Felser advanced by cutting down trees on fire with the edge of his hand. He continued to protect all the way, El Cid, Mine and the little fox. Because of that, Felser has suffered terrible burns on her hands, beyond all hope of recovery.

Felser, smiling, looked relieved: It does not bother me.
Felser: You and mine with a clear goal in your life. You have a dream. You are so dazzling that I have trouble looking at you. Whatever the force of my fist, I do not have such a thing.
Felser laughs quietly: I am pleased to have been able to protect your dreams!
Dawn is breaking and light red hue of the landscape.
Felser: The eyes of those who are inflamed by their dreams are similar to the morning light. I like it ... so hopefully you will manage both to fulfill your dreams. I have no regrets.
However, Felser then quickly disappeared from their view.


Felser look the type to white cape, spread the floor with blood, and the announcer declares the winner.
Lacaille, panicked: I can not believe that someone as nice was able to demonstrate such cruelty.
El Cid: I have a mission, and I will fight if necessary to accomplish it. I have to "kill the dreams." This man is the focus of an investigation of the gods told me a man.Here was an ancient city once destroyed by the power of these gods. The city suddenly reappeared as a mirage. This place is probably related to these deities ...

The audience shouts the name Felser, as if possessed.
El Cid: The gods of dreams.
El Cid (The other day, the investigation of Sisyphus we learned that someone had broken the seal of the gods of dreams ... I know now who it is. It was you Felser ! It is you who uses the powers of a god of dreams ...)


The next chapter, the grand final between El Cid and Felser!

“连双子座都没有打过我!”=皿=+++
(李阿宝同学对不起……

Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7

发表于 2012-4-4 00:04 |显示全部帖子
转大致翻译,BY 黑骑士团汉化组

原帖地址:http://tieba.baidu.com/p/1491849358

授权书在9L

嗯,太简要了,稍稍详细点

斐鲁萨是艾尔熙德的师兄(又一个艾扎克),善良的他曾经为了在山火中保护艾尔熙德和峰而双手严重烧伤致残,但他向艾尔熙德说自己并不后悔,艾尔熙德和峰有着梦想,而自己守护了两人感到非常高兴。不久后斐鲁萨离开了。
但那个善良的斐鲁萨现在残酷地打倒了第一回合的对手,将和艾尔熙德决战。
拉卡由问起艾尔熙德的任务,艾尔熙德说明是来打倒梦神的,原来希绪弗斯查明了梦神之中的一个的封印被什么人破坏了。而斐鲁萨就是想利用梦神的力量的人。

待续

 

 

果然风流倜傥为了衬托菲鲁萨杯具了……

这里出差和正传连上倒不错,要是和梦神扯上关系,那个爷们儿主公峰难道果然是幻塔塔变的咩?这样毁别人的童年,也难怪会被追砍。期待梦神能打个酱油。
正传里四梦神第一次出现,熙德倒一口气报上了他们的名字,虽说也是必要的服务读者,但要说其实早就见过也不奇怪啊。

PS:要说菲鲁萨借用梦神的力量是打算让峰复活继续完成梦想。我也不会惊讶真的。

“连双子座都没有打过我!”=皿=+++
(李阿宝同学对不起……

Rank: 1

发表于 2012-4-4 10:57 |显示全部帖子
师兄和青梅竹马啊,熙德的童年看起来好充实
牵扯到梦神了喂,大概那个城市都跟梦神有关?
另外哑巴里出现了希绪的名字=v=

感谢转载~

Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7

发表于 2012-4-4 20:18 |显示全部帖子

而且据目前英语翻译,菲鲁萨是“同门中最年长的”,看起来同门还挺多的样子……

 

似乎这个城市就是以前被梦神毁灭过的,突然又出现,是因为菲鲁萨解开了梦神的封印之类。

 

正传里提到熙德和鸡毛掸子精曾一起调查过梦神,看来在这里接上了。

 

不必客气,一起感谢翻译的筒子吧=v=

“连双子座都没有打过我!”=皿=+++
(李阿宝同学对不起……

Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7

发表于 2012-4-5 22:14 |显示全部帖子

图透3P,转自A4S,感谢saintlexus大大~

 

 

 

 

“连双子座都没有打过我!”=皿=+++
(李阿宝同学对不起……

Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7

发表于 2012-4-18 20:40 |显示全部帖子

上周因为有点事错过了,非常抱歉

 

本周剧透,转自A4S

 

相変わらず殺せ、殺せ、と観客の凶暴な怒号が響く中、決勝戦は続く。その傷ついた体でどうするつもりだ、と問うフェルサーに対し、
ただ一つの抜き身の刀となる、と繰り返すエルシド。「そして貴方が持ち峰の研いだその剣と語ろう!」
しかしノーモーションで放たれる斬撃がエルシドを次々に切り刻む。「たとえ光速を見切るお前とてそれは不可能だ」
俺が思考した時にはお前は斬られている、見切ることなどできぬ、と語るフェルサー。「ましてや…語り合う間などない!」
血しぶきの舞う中崩れ落ちるエルシド。フェルサーは終わったな、と踵を返すが、エルシドは再び立ち上がる。

彼は無我の境地を思わせる表情で己が浮かび上がってきた、と静かに呟く。「己の内なる剣が見える…荒く固く…欠けた剣だ」
そして貴方の持つ斬桜鬼の姿は、と続けるエルシド。彼の目に写る斬桜鬼の中に浮かび上がるは峰の姿。
聖剣を目指した峰の執念、妄執が形となったそれはさながら悪霊のよう。
その峰が斬撃を放つタイミングを見極めたエルシドはついに斬桜鬼の一撃を躱し切る。その本質を聖剣ではなく魔剣だと断じながら。
「峰…いや斬桜鬼よ 聖剣とは武器として圧倒的なだけではいかんのだ 夢は妄執に変われば邪道に堕ちる」
斬桜鬼ごとフェルサーを一閃するエルシド。「聖剣とは…仁をもって己を研ぐその先にあるものだ!!!」 崩れ落ち、元の大きさに戻るフェルサー。

決着のついた闘技場。倒れたフェルサーにエルシドは語りかける。強く優しかった貴方がなぜ夢神を操りこのような修羅の巷を作ったのかと。
「なにも…なかったからよ」 呟くような静かな答え。「全身の火傷で戦士としてまともに戦えぬと聞いた時もさしたる感慨はなかった」
「むしろそれほどの気持ちしかなかったのかとそちらの方が俺を失望させた」 熱狂から醒め苦しむ観客を見やり、「この観客たちは俺だ エルシド」
「俺が優しく見えたならそれは間違いだ 俺には執着がなかっただけなのだから」 言葉を失うエルシド。
「俺はただひたむきなお前たちを見て心の隙間を埋めていただけだ そんな俺がいつまでも側にいられるわけもない」
お前たちの夢が叶うよう祈りつつ聖闘士以外の道を見つけようと思った、と告白するフェルサー。
だが彼は旅先で峰の死を聞き、その唯一の望みさえ失ってしまったのだと。
「俺は峰にもう一度夢を見て貰いたかった… 夢神の力で峰の魂を復活させたのだ 峰の魂の見る夢と共に…」
全ては峰の夢のため、もしかするとお前がこの町に来て峰の研いだ斬桜鬼と戦うことも、この町の叶えた峰の夢かもしれん、と。

だが突然、フェルサーが苦しみだす。「…スマン…エルシド…このまま…俺と共に逝ってくれるかと思ったが…騒ぎ出した…」
「夢神ボペトールが!!」彼の中から出た闇が渦を巻き、峰姫の体を中心に収束し顕現する。
(案外役に立ったなこの男… ククク…この場にいるすべての人間どもの…夢を喰らって滅してくれる!!)

 

& English:

 

The crowd continues to call with a killing frenzy.

Felser: What do you do with a body in such bad shape?
El Cid: Using my body as a single blade. And I get an explanation of the sword you want, polished by the Mine!
But other with swords settle again El Cid Felser without moving.
Felser: Even if you can distinguish the attacks at the speed of light, you can avoid these attacks. I'll cut to the very moment when I think about it, you can not predict my attacks. And we will not have the opportunity to discuss!
El Cid collapses while full of blood spurting around him.
Felser: It's over.

He pretends to leave, but suddenly rises El Cid. He began to mutter, looking remote.
El Cid: I can see the sword that is in me ... gross, solid, and damaged. And the Zan-O-ki you want ...

El Cid's eyes see the silhouette of mine inside the Zan-oh-ki.
El Cid: It's like the tenacity of mine, who wanted to create a sacred blade, his obsession ... took the form of a malevolent ghost. El Cid manages to capture the moment when the mine starts his sharp attacks and finally avoids the attack of Zan-oh-ki.
El Cid: Your true nature is not one blade of a saint, but rather an evil blade. Mine ... or not, I would have liked to say Zan-oh-ki ... a holy sword must not only be a weapon of overwhelming power. When dreams become obsession, one can only fall into a sinister way.

El Cid blind Felser and Zan-oh-ki in an instant.
El Cid: A holy blade must first be sharpened by the same kindness.

Felser, down, regain its normal size.

El Cid undertakes the discussion.
El Cid: You were so strong and kind ... why did you use a god of dreams to create such a scene of carnage?
Felser, quiet: Because I had nothing. I have not felt much when I knew my burns would prevent me from continuing as a fighter e. But I realized that I had no more feelings that I got desperate.
Felser look at the spectators went from excitement to pain.
Felser: I am exactly like that audience, El Cid.
Felser: You are mistaken if you think I was full of kindness. In reality, it's just that I had no interest in anything. The only thing that attracted me was to see you, which then filled the void I had in me. But I could not stay with you forever. I have departed ways the Saints when I was looking for a way to help you achieve your dreams. But during my travels I learned the death of mine, and only wish that I had has disappeared. I wanted mine can once again see his dream ... and was then brought back his soul in this world through the power of the god of dreams. And living the dream in his heart. Mine was all that could fulfill his dream, and maybe you come in this city and your fight against the Zan-oh-ki was also part of a dream of mine.

Felser is suddenly taken with pain.
Felser: Sorry El Cid ... I thought he would die with me ... but it begins to shake ...
Felser: Phobetor, god of dreams!
Of darkness out of his body and then converge in a swirling body of mine.
Phobetor: (This man was beyond my expectations ... hahaha ... I'll devour the dreams of all people here!)

 

总体来说这个展开蛮正常,要是能再详细描写下菲鲁萨就更好了……篇幅短板啊OTL

“连双子座都没有打过我!”=皿=+++
(李阿宝同学对不起……

Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7

发表于 2012-4-19 14:09 |显示全部帖子

唔说点YY= =~

 

也许梦神合体本来是另一个样子

正传提到熙德曾协助鸡毛掸子精调查梦神,于是外传爆出和梦神有关系后,本以为正传四梦神会出来打酱油。不过看43话,会是新神也说不定?

当然,希罗神话本来就有各种互相打架的版本,关于福柏托尔的说法不一致,目前情况算未知。

不过,本来我以为LC设定梦神只有四名,如果有新神出现,那么设定上就又有东西可挖了。

比如因为有梦神缺勤,正传的梦神合体并不是完全态。

“我来组成头部!”
“我来组成胸部!”
“我来组成右手!”
“我也来组成右手!”
“等等!福柏托尔上哪儿去了喂!”
“……他好像没来报到。”

(一种没买到铲土机和搅拌机,硬着头皮拼大力神的哀愁……)

正传靠切开黄金箭才能一次性攻击4个,打倒合体梦神。如果他们的数量原本更多……
希罗神话里,关于梦神的数量,有多达3000位的说法。

试想一下——

“要同时攻击3000个灵魂才能打倒我们!”
“EX咖喱棒!1、2、3、4、5、6、7……1321、1322、1323、1324、1325……”
“不要睡啊喂!”

(加油,艾尔熙德,把1支黄金箭均匀切成3000份,要数清楚哦。)

所幸当真如此,梦神方面也不会毫无损失——

“合体!”
“合体!”
“合体!”
……
“怎么还没好!?已经半小时了喂!”
“因为有3000个部件嘛……”

看剧透,下回会有福柏托尔正脸,等着看咯。

PS:43话菲鲁萨揭开封印的画面,不知道算不算安排虎子看守封印的曲线解释呢?本来大家都觉得,既然萌军基本打趴下了,安排个黄金级守门太浪费。现在看来,这看守封印当真任重,不但要防敌方劫狱,更要防己方来袭。无论18世纪还是20世纪,圣域总不缺人打这倒霉主意……

 

 

PS:发了剧透后死活刷不开花园改标题……我又RPWT了吗T T

“连双子座都没有打过我!”=皿=+++
(李阿宝同学对不起……

Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7Rank: 7

发表于 2012-4-23 23:48 |显示全部帖子

LC外传45话,熙德外传09话

本周直接图透大放送了= =~

 

转自A4S,感谢saintlexus大大~

 

 

 

 

 

 

 

 

“连双子座都没有打过我!”=皿=+++
(李阿宝同学对不起……
你需要登录后才可以回帖 登录 | 注册
验证问答 换一个 验证码 换一个

搜索帖子

  

搜索作者

  

查看新帖

热门帖子

发帖排行

最新用户

Copyright ©2003 - 2011 荆棘花园·改

Powered By Discuz! X1.5

页面执行时间 0.332181 秒, 21 次数据查询

RSS2.0  Xhtml手机版  无图手机版


沪ICP备12048288号|